読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末系女子ブログ(猫と私)

週末(休日)の為に日々生活している医療系女子大生。現在実務実習真っ最中。日々の出来事を思うままに書きます。

あといちにち!!

f:id:kate-yuumi510:20161117200527j:image

《本日のセルジオ

 

どうも、けーとです。

実習も残り1日!!!

あれだけ嫌だった実習も、もう行くこともないと思うと少しだけ寂しい気持になるものです。

 

そして今年もあと1ヶ月ちょっととなり、

やり残したことはないか、

しておくべきことはないかと

少しずつソワソワし始めています。

 

ざっと思いつく限り、今年中にしたいことは

 

・断捨離(3度目)

・ランニング

・ダイエット(成功)

 

この3つぐらいでしょうか。

 

・断捨離

断捨離は何年かかけてボチボチしているのですが、

やはりまだまだ物が多いな。と感じる日々です。

しかしテレビ、テレビ台、棚を手放したことで、部屋のスペースも増えて、のびのび暮らせている気がします。

ただまだ手放せるモノがあるので、卒業するまでにはつぎつぎと手放したいものです。

次はソファかテーブルかな??

両方でもいいかな。

 

物が減るごとに、より自由さを感じます。

自由さを求めて購入したものが結局自分を不自由にしてしまっていることもある。と気づく瞬間でもあります。

本当に大切なものだけで自分の空間を埋めることができたならどんなに素敵でしょうか。

理想の部屋は大切なものしかないお部屋です。

そこで、私とセルジオ、そして私の大切な人たちと暮らしていけたらそれほど幸せなことはないでしょう。

 

・ランニング

来年の3月にあるフルマラソンの大会に参加することにしました。

あと3.4ヶ月あるのですが、

いかんせん始めてのフルマラソン

しっかり練習して、途中でやめることなく走りきりたいのです。

そのためにもそろそろランニングを開始して、少しずつ走れる距離を伸ばす必要があります。

毎朝もしくは夜に走る習慣をつけて、

健康な体にしなくちゃ。

ちなみに偶然父親もおなじ大会に参加するみたいで、良き仲間ができたと内心嬉しく思っております。(当の父親には内緒)

とりあえず3キロ落とさなくちゃ。

膝が心配です。。。

 

・ダイエット(成功)

先程も書きましたが、まず3キロ。

お尻がデブっとしていて、パンツルックの似合わないことったらありません。

パンツルックを崇拝してるにも拘らずです。

顔にもお肉がついたのを感じますし、

早急に痩せねば。

とりあえず夜の炭水化物を減らすことから。

これからますます寒くなっていって、

本格的にコートを着る時期になったとき、

自前のコートを着る羽目にならないようにしたいものです。笑

目標はでっかく5キロ。

頻繁に経過は報告させて頂きます。

 

 

この時期もう1つきになるのが、来年の手帳。

ここ3年は ほぼ日手帳 を使ってきましたが、

ことしはもっとシンプルな手帳の気分。

近々文房具屋さんに出向いてみようと思います。

 

明日で薬局実習も終わりです。

病院実習が始まるまでの間何をしようか、

そんなことばっかり考えている今日この頃でした。

 

けーと。

 

 

 

思いわずらうことなく愉しく生きよ

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

今日は待ちに待った土曜日!!!

実務実習もあと残り5日!最高!

そんな素敵な土曜日のスタートにパンを発酵させながら、ブログを書くことにします。

 

お題ははてなブログからの【5年後の自分へ】

 

5年後は、28歳。

自分の将来設計の中では28歳は激動の年。

日本にいないことになってるんだよなあ〜

23歳の今の私がベストだと思っていることは、

日本を30歳になるまでに離れること。

若さはパワーでしょう?

パワーがあるうちに、しがらみが少ないうちに日本を離れるようにしないとね。

 

でも28歳の私がベストだと思うことは、今とは変わっている可能性も十分にある。

もしかしたら、深い恋に落ちるかもしれない。もう二度とこの人と離れてはいけない と全細胞で感じるような恋に落ちてしまうかもしれない。

恋は天災だと思います。だから避けられないものだし、一度恋に落ちてしまったら、もう、それは落ちきるしかない。

恋には全てを変えてしまう力があると思うのです。

 

しかし、事故のような恋に落ちなければ、

おそらく日本から離れる準備をしながら5年を溶かすだろうな。

5年後のことはまあいいでしょう。(本末転倒感)

 

問題は1年半後。頭痛の種。

就職

私は薬学部生だから、当然薬剤師免許は取得するはず。一般的には薬剤師になる。と言えるのでしょうけれど、私は本当に薬剤師でいいのか?と常々感じています。

そもそも、薬学部に入ったのは薬剤師免許が欲しいからで薬剤師になりたかったからではないんです。

両親が離婚し、苦労している母親を見ているうちに、1人で生きていける保険が欲しい、と切に思った結果です。

薬剤師免許はいわゆる 私の人生の保険 であり、ただのツールでしかないんですよね。

 

ただ、実務実習を通して少しだけ薬剤師へのやりがいを見つけることもできました。

まだ少しだけ時間があるのでしっかり考えたいところ。

 

でも一つだけ確信しているのは、どんな道を選んだとしても絶対に上手くいくだろうということ。

どう転んだとしても、強運が助けてくれるはず。

 

何はともあれ、自分の将来設計通りに行かないことを愉しめるような5年を歩んでくれたらいいかな。セルジオとも仲良くしてよね。

f:id:kate-yuumi510:20161112110343j:image

 

思いわずらうことなく愉しく生きよ、私。

(タイトルは江國香織さんの小説から拝借)

 

素敵な週末をお過ごし下さい。

けーと。

 

セルジオ

f:id:kate-yuumi510:20161108195120j:image

 

おひさしぶりです。けーとです。

 

実務実習も残り僅か。

精神的にも肉体的にも落ち着いてきて、

ようやくブログの存在を思い出した次第です。

来週で薬局実習も終了しますので、

近々マルタ留学回想録編を書ききりたいと思います。

 

さて、近状報告から、、、

・体重、増える。

セルジオが元気になってきた!

・手作りパンブーム到来

・キムチが美味しい季節となりました

この4つでしょうか。

 

・体重、増える。

これはもう悲報でしかありません。

ストレスなのか元々か。私は嫌なことがあるとしこたま食べます。お陰様で3キロ太りました。体重計のって絶句。昨日からダイエット再開しております。

 

セルジオが元気になってきた!

f:id:kate-yuumi510:20161108195626j:image

先月、保護した黒猫・セルジオが野生を忘れ始めて、元気になってきています。

最初のうちは、里親を探そうとしていましたが、ずっと探しているうちに飼う決心がつきました。名前もつけて、私と彼の1人と1匹の生活がスタートしています。

セルジオという名前は、好きなドラマに出てくる猫の名前から取りました。

凛々しく、逞しい黒猫になってほしいです。

 

・手作りパンブーム到来

f:id:kate-yuumi510:20161108195910j:image

f:id:kate-yuumi510:20161108195918j:image

私の生活の中で一番大切な時間は朝です。

つまり朝ごはんが一番大切で大好きな時間です。そんな朝に焼きたてのパンがあれば最高。

そんな至極単純な思考が生んだ結果です。

試行錯誤しながら、時間を見つけてはパンを焼いています。

これからパンのことばかり書き始めるかもしれません。笑

 

・キムチが美味しい季節となりました

野菜の価格高騰している中でも特に高い葉野菜、白菜。キムチでたっぷり補給しています。

寒くなってきて、汁物が美味しい季節になり、キムチスープをせっせと作って食べています。

 

最近のマイブームは、キムチスープに水餃子と春雨を入れて具沢山にしたもの。

お腹もいっぱいになりますし、体にもお財布にもあったかいです。

 

気温も急に下がってきて、風邪のひきやすい季節になりました。

体調管理に気をつけてお過ごしください。

けーと。

 

お久しぶりです

どうも、けーとです。

 

かなりはてなブログから遠ざかっておりました。

というよりも、インターネット及び電子機器から遠ざかっていました。

理由は

・実務実習の疲れが出てきた

・子猫を保護した

この2つでしょうか、、、

 

実務実習に関しては、少し慣れてきて中だるみの時期でもあり、

緊張していた前半の疲れが一気にでたんだと思います。

直帰しては、いも焼酎の水割りを飲んでそのまま床でダウン。

みたいな状況が続いておりました。

実習といえども、患者さんの命を預かっているともいえますし、

わからないことだらけでその辺のストレスもあいまっていたのかなあ。

 

しかしそれ以上に気をもんでいるのは、保護した子猫のことです。

マンションの駐車場でカラスに狙われていたところを保護しました。

重めの風邪を引いていたみたいで、くしゃみ鼻水鼻詰まり、おまけに結膜炎のようなものになっており、瞼が開かない状態でした。

保護したからには責任があると思い、連日病院に通い、ペットショップに行き、、と慌ただしくしていました。

お医者さんで注射も打ち、目薬も貰い、だいぶん良くなりました。

まだ目が完全に治ってないのと、くしゃみが続いているのですが元気に暮らしています。

(最近は元気すぎて困るぐらいです笑)

今週末はお風呂に入れて綺麗にしたいところ(風邪中はダメとのことでまだ洗えていません。くさいです。笑)

また、なかなかうんちが出ていなかったので心配していましたが、

昨日めでたく第一号を出しましたのでひと安心。笑

あとは、目が開いてくれてトイレの位置をキチンと把握してくれればいいのですが、、、

まだまだ粗相との戦いは続きそうです。

 

また、保護したものの、私の環境では飼えないのでNPO法人に委託することも含めて

里親を探しています。

初めは私が飼おうと思っていたのですが、来年の国家試験やまだ続く病院自習のこと、卒業後の引越し等考えると、私ではこの猫の事を幸せにできないと判断しました。

少しづつ私とこの家を信用してきてくれているのを感じるので寂しいですが、

彼の幸せが最優先だと思っています。

しかし、風邪が完全に治って、目もバッチリ開いてイケメンになってから、

里親さんにお願いしようと思っているので、もう少しの間は彼と生活できます。

はやく完快して元気になってほしいと思いながらも、まだまだ一緒に居たいと思う気持ちが後を引く今日この頃です。

 

すこし子猫の様子も落ち着いてきたので、これからボチボチ更新頻度を増やしていこうとおもいます。

いま彼は寝ているので、次回起きている彼の写真を載せれたらいいなと思います。

 

けーと。

 

マルタ留学回想録・番外編;Spain,Barcelona

¡Hola! けーとです。

 前回の記事はこちらになります。よかったら。

 

kyu-jitsu88.hatenablog.jp

 

今回は昨日の続きで、スペイン弾丸旅行2日目のことについて書きたいと思います。

 

1日目の夜、タラントスでフラメンコを堪能した後、タラントスの劇場で偶然一緒にだった日本人大学生3人組と意気投合し、勢いで近くのカジュアルレストランへ。

ワイン・テキーラバルセロナの雰囲気で盛大に酔っ払いました。

とっても楽しく、美味しい時間でした。そしてホテルに帰り、チカ共々爆睡。

 

先日のお酒が効いたのか、予定よりも爆睡をかました私たちは、

バルセロナ旅行のビッグイベント

サグラダファミリアを見学する

に遅れようとしていました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、サグラダファミリア先に券を予約しておくのがベストです。当日券の販売もしているのですが、朝から並んでいて時間も体力も無駄に消費することになりますので、絶対に予約した方がいいです。

さらにその予約は時間まで指定するシステムで、その時間内に入場しなければなりません。

何を思ったのか私は朝イチの時間を指定していたわけです。(あほ)

で、本当は電車に乗って行くはずだったサグラダファミリアにタクシーでリッチに登場する運びとなりました。これはいい教訓となりました。

 

朝イチの予約の前日にテキーラとワインを一緒に飲むな!!!(あたりまえ)

 

そんな前置きはいいとして、問題のサグラダファミリア

これまた簡単には忘れられないほどの迫力がありました。

f:id:kate-yuumi510:20161012071221j:image

f:id:kate-yuumi510:20161012071237j:image

f:id:kate-yuumi510:20161012071430j:image

f:id:kate-yuumi510:20161012071501j:image

サグラダファミリアには説明は不要です。

とりあえず一度行って見て下さい。

どうしてこの建物が世界中の人を惹きつける続けるのか、その答えは一度でもこの建物の中に足を踏み入れた人間ならわかります。

本当は半日ぐらいサグラダファミリアに溶かしたい。と思いましたが、

(ホテルに券を忘れて入場できなかった)チカが外で待っているので、名残惜しくも2時間ほどで外に出ました。(それでもしっかり2時間は待たせました。ごめんね。)

 

そして中心地へ戻り、残りのリストの消化を開始!

私たちは自転車を使ってバルセロナの街を移動することに決めました。

正直この案は、控えめにいっても最高でした。

この旅行中最初で最後のグッジョブだったということだけお伝えしておきましょう。笑

 

自転車での移動のメリットは

①街を楽しめる;ガウディ建築が至る所にあるバルセロナでは、少し移動するだけで沢山の美しく個性的な建築物にであうことができます。

②沢山寄り道ができるZARA系ショップでお買い物したいという要望に容易に応えることができました。また小腹がすいた時にもすぐに立ち止まれるのは良かったです。

③その場のノリで行き先を変えられる;これこそ旅の醍醐味でしょう。

この3点です。

f:id:kate-yuumi510:20161012073034j:image

f:id:kate-yuumi510:20161012073103j:image

(街中で見かけるガウディ建築たち。あまりに普通に建っているので一瞬見逃しそうになりました。完全に街に馴染んでいます。むしろ街が建築に馴染んだのかも、、、)

 

自転車に乗って向かった先は、グエル公園です。

言わずとしれたスペイン・バルセロナの観光名所です。

これがまた、まあまあの距離かつ終始坂道で大変でした。が、またそれも一興。

グエル公園についた後は、絶景で疲れも吹き飛びました。

f:id:kate-yuumi510:20161012075433j:image

実はグエル公園も入場制限があり、チケットを購入しなければ入れません。

それを知らず、私たちはグエル公園の中にいる人達を眺めることになりました。

まあそれもまた一興。

f:id:kate-yuumi510:20161012075730j:image

グエル公園のメインの場所に向かう途中で、丘の上に立ちました。

これがなんなのか今でも不明ですが。この上は絶景で、

f:id:kate-yuumi510:20161012075856j:image

 バルセロナの街を一望できます。

右手にうっすらと建築中のサクラダファミリアが見えるでしょう?

『さっきまでおったとこやん!!!』と興奮したことを覚えています。

 

絶景を堪能した後は、お待ちかねのショッピングです。

旅の相方・チカはスペインで洋服を買う為にマルタでのショッピングは控えていたみたいです。

スペインのファストファッションといえば、ZARA

そしてZARAの姉妹店・Bershkaも有名です。かく言う私はZARA系列が大好きで、いつもセールを狙って買い物をします。ショッピングは世界中のどこでも女の子を幸福にしてくれますね。

私もゴツめのレザージャケットを買いました。この秋から活躍予定です。

 

自転車も返して、少し旧市街地を散策。

ピカソ美術館の前を通ったのですが、時間の都合で割愛。涙

ピカソ美術館のお土産コーナーだけ覗いて、少しばかり心を満たしました。

f:id:kate-yuumi510:20161012120750j:image

f:id:kate-yuumi510:20161012120809j:image

散策しながら、お土産を選びながら、夕ご飯をどこのバルで食べようかと相談。

週末だったので結構人もいて、活気があって歩いているだけでも楽しかったです。

 

本当はこの先のバルをはしごした話を書きたいのですが、思った以上に長くなったので今回はこれで終わろうと思います。

次回はバルと紹介しきれたいなかった食べ物たちについてまとめて書きたいと思います。

けーと 

 

 

マルタ留学回想録・番外編;Spain,Barcelona

  ¡Hola! けーとです。

今回はマルタ留学回想録・番外編;スペイン,バルセロナ と題して、

週末スペイン弾丸旅行を敢行したお話について書こうと思います。

f:id:kate-yuumi510:20161011011859j:image

まず、なぜスペインなのか、、、という所から説明させてください。

 

遡ること4年前、私は別の大学の友達の家に週4で上がり込んでいました。

その友達は建築学科で、ある日サクラダファミリアの話をしてくれたのです。

そして、【近い将来サクラダファミリアは完成する。】ということを私に教えてくれました。

 

その話を聞いたあほたれ(私)は

「マジか。完成する前に一回中途半端なやつ見とかなあかんな!!!!」

と真剣に思ったわけです。

 

そして月日は流れマルタ留学中に、そのチャンスが訪れたというお話に繋がります。

 

ルームメイトのチカと一緒に行くことになり、数日かけてマクドでスペイン旅行のプランについて話し合いました。

せっかくスペインに行くのだから、スペインらしい所に行こう!というコンセプトのもと

・サクラダファミリア見学

・パエリアを食べる

ホットチョコレートチュロス

・本場バルをはしご

・ガウディ建築を見て回る

・マーケットに行く

ZARA系ショップでお買い物(チカ)

・フラメンコを見る

ピカソ美術館見学

これぐらいの案を書き出して、このうちのほとんどを1泊3日の間で消化しました。

チカはお買い物メインだったので後は私に全部ついてきてくれました。ホンマに感謝。

 

今日は1日目、バルセロナ到着からフラメンコ鑑賞までを振り返ります。

少し長いですが、お付き合いください。

f:id:kate-yuumi510:20161011013409j:image

バルセロナ中心地に到着してすぐにパシャり。マルタとは全く違う雰囲気に完全にのまれる。テンション高め。)

ホテルでチェックインを済ませ、すぐに近くのマーケットに向かいました。

ラ・ボケリアという公設市場(サン・ゼショップ市場)です。

またこのマーケットが素晴らしくワクワクが詰まった建物なんですよね!!!

f:id:kate-yuumi510:20161011013841j:image

 

f:id:kate-yuumi510:20161011013858j:image

この通り!私の乏しい写真センスでは伝わりにくいとは思いますが、どうか感じて下さい。

マーケットというだけあって、本当にいろんなお店が軒を連ねています。

お肉屋さん、お魚屋さん、八百屋、スパイス屋、キャンディ屋、パン屋、ソーセージ・生ハム家、果物屋etc

ほんまになんでもあります。私とチカは小腹を満たすために、カットフルーツを買いました。

 

小腹を満たした後、街の探索を開始。WiFi環境がなかったので、勘だけでウロウロ。

ウロウロしながら2箇所ほど美しい教会をみてまわりました。

ひとつめはサンタ・レウアリア大聖堂バルセロナ大聖堂ともいいます)です。

f:id:kate-yuumi510:20161011184729j:image

(日が沈んであとのバルセロナ大聖堂)

ゴシック地区のシンボルであり、大聖堂前の広場では沢山の人が各々の時間を過ごしていました。

中に入ると、、、 

f:id:kate-yuumi510:20161011184554j:image

f:id:kate-yuumi510:20161011184624j:image

圧巻でした。私が今までみた建物の中で最も荘厳で美しい建物でした。

鳥凄みで鳥肌は立つし、宗教を持たない私でもなにか感じるものがありました。

 

その後、サンタ・マリア・ダル・マール教会に辿り着きました。

こちらの教会では写真をとらず、ただ座って、薄暗くひんやりした教会の中の雰囲気を味わいました。

 

日も傾き、そろそろ夕ご飯、、、ということで

パエリアを食べようということになりました。待ちに待ったパエリア、米!!!

 

 

ドーン!!!!!!

f:id:kate-yuumi510:20161011191221j:image

これと白ワインでもう、大満足でした。

本場のパエリアほんまに美味しい!!!!

翌日のお昼にもパエリアを食べたことは言うまでもありません。

満腹になったあと、フラメンコを見に行きました。

【Los Tarantos Barcelona】へ

f:id:kate-yuumi510:20161011192333j:image

 f:id:kate-yuumi510:20161011192806j:image

フラメンコの情熱的な踊りもさることながら、私はスパニッシュギターの音色に虜になっていました。

いつかもう一度スペインへもどって、路上のスパニッシュギターの音色に身を委ねるのが私の夢の一つです。

 

長くなってしまいました。その上に文章もまとまっておりません。すみません。

しかしこれだけは言えます。

スペイン・バルセロナは最高の街です。

歩くだけでいつでもワクワクするような街はなかなかないと思います。

私はすっかりスペインに恋しています。

週末スペイン旅行がきっかけでスペイン語も習い始めました。

そんな大好きなスペインの魅力を少しでも伝えられていたら最高です。

次回もう少し、スペイン旅行について書かせて下さいね。

 

けーと。

金木犀と迷彩服と失恋

意味深なタイトルですが、特に深い意味はありません。

結果の羅列に過ぎないので気にせずどうぞ。

ちょっとした小話です。

 

数週間前、天気が良かったので夕食の後にふらっと散歩に出かけました。

私が住んでいるところは少し歩けば田んぼがチラホラ出てくるような長閑な住宅街で、夕暮れ時はこの界隈に住んでいる人たちがよく散歩しています。 

 

歩き始めて5分ほどすると、どこからか金木犀の香りがしました。

その金木犀の香りは私に失恋の苦い思い出の記憶を鮮明に呼び起しました。

嗅覚と記憶というのこんなにも深く関わっているものかと思ったものです。

 (C級恋愛小説のような序章、申し訳ございません。笑)

 

あれは3年前のちょうど今頃の季節でした。(だからC級小説かて。)

わたしは先輩の紹介で2つ年下のキュートな男の子に出会いました。

彼の名前はモリ君といい、肌の白く線の細い不思議な男の子でした。

モリ君の18歳とは思えないような落ち着いた雰囲気や正確な話の仕方、言葉の選び方、価値観など初対面でかなり興味を引くものでした。

わたしは言葉の使い方が正確な人が好きです。

 共通の先輩を介して知り合い、その後少しずつ2人で会うことも増えました。

もうこの頃にはかなり心がモリ君の方へ寄っていたと思います。

しかし、恋愛は勝ち戦しかしないと決めているわたしは、モリ君への気持ちはしっかりフタをして接していました。例にもれず、勝ちフラグが立ってから戦闘開始しようと思っていたわけです。

 

ある日のこと、モリ君と話をしていて彼が

【僕散歩が好きなんですよね〜最近はもう金木犀の匂いしてますよ。】

といったワケです。オーマイゴットでした。

(なぜこの一言だけで、オーマイゴットとなったのかは聞かないでください。本人にもわかりません。ただただ、オーマイゴットだったのです。)

この瞬間に完全にモリ君に恋をしたと自覚しました。

 

そしてまたある日、モリ君がわたしの家に夕ご飯を食べにきました。

メニューはホワイトシチューだったと記憶しています。 

【シチューはカレーの親戚】

という概念を持っていた私は、シチューをご飯と一緒に食べて育ちました。

盛り方ももちろんカレー盛りです。

しかしモリ君は育ちが良いのか何なのか分かりませんが、シチューはパンとしか食べたことがないと言っていました。そう主張されたところでパンはないのでご飯で食べてもらいましたが、、、

味は問題なく美味しかったです。ご飯も硬さに気をつけてやや固めに炊きあげることができました。

 

問題はその後で、談笑タイムになってからのことでした。

 

モリ君「けーとさんってよく※迷彩の上着着てますよね。」

 

(※迷彩のブルゾンは私のお気に入りアイテムで、3年前の購入から毎秋冬シーズン愛用しています。もう少し説明させてもらうと、そのブルゾンは生地もしっかりしていて、形はややビッグシルエット。カーキ色のシンプルな迷彩で、デニムをはじめとするパンツルックを好む私にピッタリです。地味すぎず、目立ちすぎず、でも個性をきっちり保てるこのブルゾンをとても気に入っています。)

 

けーと「うん。着てるね。」

モリ君「軍隊みたい。

、、、、、

 

今でも謎ですが、モリ君の「軍隊みたい。」の一言で、

完全に私のモリ君への好意が音を立てて崩れさったことを鮮明に覚えています。

迷彩服への少しばかりのリスペクトが欲しかった訳でもなんでもなかったのですが、、、

 

でも考えてみると、【笑】が嫌だったのかも知れませんね。

私はヒトの服装をとやかく言う趣味はありません。

しかし、毎回会うときはジャージとニット帽のモリ君に【服装 】みたいに言われるのが不快だったのかなと。笑

 

あほ丸出しですが、恋愛においてフィーリングは大事です。(私は特に重視しています。)

モリ君のその一言で【あ、私このヒトと合わへんわ。】って思ってしまったんです。

もうこれは私にとってただの致命傷です。

そこからは、坂道を転がるかの如く足早にモリ君から撤退。

その数ヶ月後に新たな恋をして、優しい恋人ができ、今に至ります。

 

それからというもの、秋になり金木犀の香りがすると、

自動的に モリ君=迷彩服=失恋(笑)の方程式が浮かんできます。笑

 

モリ君は元気にしているのでしょうか。

この季節になると少し気になります。

 

けーと